どうしても手に入れたいものは「自分に対しての信頼」



フローラさん、今月も素敵なお手紙を

ありがとうございました。

「不幸ではない。

きっと幸せなのだと思う。

でも、本当に

このままでいいのかわからない。

もっと素晴らしい人生が

あるのではないかと思っている人は、

わからないことを

わかったことにしてきた人です。

わからない言葉で自分を語ってきた人です。

わからないことをしてきたから、

自分に対する信頼が築けなかった。

それが不完全燃焼感の正体です。」

という言葉にドキリとしました。

自分自身がまさにその通りだからです。


「わからない言葉で自分を語ってきた」ので

「どうしても手に入れたいもの」が、

自分でもよくわからない。

自分の言葉で語れない。

自分の言葉で書くことができず、

時間だけが過ぎ、

1月も末になってしまいました。


「何か書かなきゃ」「早く書かなきゃ」

「自分のわかる言葉が無いなら

書かなない方がマシでは?」等々、

不安と焦燥と諦めの中を漂っていましたが、

フローラさんのお手紙を

何度も読み返していくうちに

「自分に対する信頼」を築きたい、

そう思えるようになりました。


私は、ネットや書籍で見つけた、

気に入った(共感した・感動した)言葉を、

さも自分が考えたように

人に話すところがあって、

そういう自分が浅ましくて

惨めだと思うのに止められません。

人から称賛を受けると安心し、

自分のことを好きだと思えるからです。

人から称賛される「素敵な自分」だけが

自分であってほしい、

そう思っているのです。

自分を好きになれば、いい人生になる!

そう思って、自分を好きになるために、

親切で勤勉でユーモアもあって、という

自分になろうと躍起になっていました。


自分が嫌っている「自分」

(わかったふりをしている、

幼稚で恥ずかしい自分)は

認められないから、

見て見ぬふりをしてきました。

でも、私がしなければいけなかったのは、

自分を好きになる前に、

この自分が嫌っている「自分」を認める、

受け入れることでした。


どうしても手に入れたいものは

「自分に対しての信頼」。

心の底からそう思えるようになりました。

信頼を築くために、

丁寧に自分を観察する、

丁寧に暮らす、

それを実行していきたいと思います。














【著書】



【妖精の庭】