【ご感想86】どう転んでも自由




先日はありがとうございました。
まさかの答えで今年イチ笑いました。
今思い出しても笑えます(笑)。



消化試合のようで
おもしろくないと思っていたら
まさかの本当に消化試合だったとは(笑)。
そして、ひとしきり笑ったら
なんだか許されたような
解放されたような。
ホッとする感覚に包まれました。



「どこかに自分がやるべきことがある」とか
「何か”生きる希望”を持たなければ」と
思いすぎていたみたいです。
自分の道を見失っているように
感じていたんですよね。
なんだ、自由じゃん(笑)。拍子抜け。



でも、この「自由であっていいよ」
と言われるほうが、
「じゃあどう生きようか」という
視点に切り替えられる。
そっちのほうが生きる希望になるんだなと
感じています。
このタイミングでこの感覚を
知ることができて良かったです。



あと、完全燃焼したくなる魂なんだということ。
すればするほど、
周りとのギャップに寂しくなったり
バカにされてる?と思うことも
多かったのですが、
もうこれは魂の性質なのだと
諦めがつきました。



息子のこともありがとうございました。
子どもも、もうひとりいたとのことで
こちらはびっくりでしたが、
自分にとって都合のいいことは
信じる質なので(笑)。



じゃあ4人家族ということで(^^)
あちらにふたり、こちらにふたり。
なんて素敵な家族!(自分で言う)
4人家族、理想だったんですよ(笑)。
願いは叶っていたということで
ニマニマしながら生きていきます(笑)



しかしこうやって、
視えない世界から「こうですよ」と
ビシッと指摘してもらえるのって
本当にありがたい。
これからの人生の可能性が広がります。
私自身の自分に見えている範囲も
ぐんと広がりました。
 「どう転んでも自由」
これをお守りに生きてみます(^^
ありがとうございました。














これね、私もなんですが
今世もう十分やり切った組が
一定数いるんですよ。


もちろん寿命はまだですから
死ぬまでは生きますし
もうこれ以上学びがないなんて
そんな意味ではありません。
何から学びを得るのかが
人と人の人生の差であって
個性であって面白さですから
そうした意味ではまだまだ
人生の学びは続きます。


ただ、今世体験したかったメイン、
これって案外人生の早い段階で
終わっている人が多いのです。


にも関わらず人生は続く。
人は長く生きられるようになりましたが
ちょっと長過ぎではないかと
正直、個人的には思っています。


だからこそ声を大にして言いたい。


「常に幸せを選択してください」


この長すぎる人生を
生き抜くための戦略は常に
「幸せに生きる」であると
自覚的に生きて欲しいのです。
不幸に生きるには長過ぎるのです。
とても精神が持ちません。
だから戦略を間違えないで欲しい。


お金、仕事、恋愛、結婚
容姿、学歴、その他諸々


これらは全て戦術ですからね。
戦術を人生の目的にしていては
人は幸せになれません。


あなたが選択すべきは
あなたの幸せ、だけです。


幸せに生きていきましょう。
私たちが頑張らなくてならないのは
幸せに生きることそれだけです。






須王フローラ