子どもがいじめにあっています

みなさん、こんにちは。
須王フローラです。



















ラジオトークに対していただいた
ご感想をご紹介しますね。










こんにちは。
フローラさんいつもありがとうございます。
ラジオトークの
「子どもがいじめにあっています」を聞いて
ぶわっと涙が溢れました。




毎回、心に刻まれる内容ですが、
今回のラジオトークは、
フローラさんの個人セッションに至る
きっかけになった出来事だったのを
思い出したからです。




数年前、まさにお稽古で私の子供が
いじめのようなものにあっていました。

それは、身体や物を傷つけられたり、
暴言を吐かれるものではありませんでした。



今まで、仲良くしていたお友達が
他のグループと仲良くし始めて、
そこに入れてもらえない。
話しかけても、
明らかに素っ気ない態度であしらわれる…

子供と2人でいる時には悪口を言っていた子と
急によく話すようになり楽しげにする。

そこにも入れない。



いじめと言うほどのことか迷い、
あまり大袈裟にするのもよくないと思って

「あなたの気にしすぎかもしれないよ」
「こうしてみたら?」
「少し時間が経てば、
また仲良く出来るから大丈夫だよ」

と、励ましたり、時には
「こちらが、何か気に触るような
ことをしたかもしれないから」

「何か原因かあれば謝らないとね」
など、わけも分からず反省したり。
その時は、本気で、
うちの子供が悪いことをしたかも?

親の私が至らないから?
と悩みました。



それでも、泣いて帰ってきたり、
ぽつんと一人でいる様子を
見ていると私も悲しくなり、

仲良くしていたお友達のお母さんが、
母同士が家を行き来したり、
遊びに出かけるなど気心が知れている
(と私が思い込んでいた)仲だったため、

話したら取り持ってくれるかもしれないと、
相談しました。




「仲間に入れないようだから、
ちょっと声をかけてもらえたら嬉しい」

などを伝えると、
「うちの子は悪気もなく
みんなと仲良くしているだけ」

「被害妄想がすぎる」
「自分たちばかり正当化して、
こちらの意見を聞かない」

との返事でした。
それから絶縁宣言をされ関係を断たれました。



教室を変えることも考えて
先生にも相談しました。




先生の
「集団でしか行動出来ない人は弱い。

1人で自分を見つめながら
お稽古している人達は
凛としていて美しい。

そういう人は自立している人同士の
お付き合いが出来るようになるよ。」

というお話しが、
子供にとって立ち上がる力になりました。

その後、1人でも平気!と、
ただただ大好きな習い事を頑張っていたら、
自然と心地よい仲間が
集まるようになっていました。




子供の成長の素晴らしさの反面、
私はうじうじと失った友人への思いが消えず、

自分がした行動を後悔する日々でした。
親として自分の子供ばかり可哀想だと思いすぎて
周りのせいにしてしまったのでは?

共通の友人達も、友人の、味方になり、
私と関わらなくなったのは、
やっぱり私が間違っていたからだ。

あの時、私が我慢をしていたら、
友人を失わずに済んだのかも…
と。



自分を責めて責めて、
どうにも息苦しい日々の中、

フローラさんを知り、個人セッション、
講座を受けて講演会を聞き、
自分を癒してきました。

あの時、フローラさんに出会わなければ、
今頃どうなっていただろう。

それくらい、生きる力を頂きました。



それでも時折、
顔を出すあの時の後悔と悲しみ。

それを否定せずただ味わおう…
としていたところに、今回のラジオトーク。




仕方がない、じゃない!

何をしても角はたつ!



自分が悪者になりたくなくて、
傷つきなくなくて、
大切なものを守らなかったら、
後で後悔する。

それを聞いたら涙が止まりませんでした。



何もしなかった後悔に比べたら
今の私の後悔はまだ良かったんじゃないか?

やり方は間違っていたとしても
大切なものを守りたい気持ちを行動に
表せたことを認めてあげよう。

と、ようやくやっと自分を許せた気がしました。



それまで、
育児書や立派なお母さんたちのように
きちんと、育てなくてはと
力んでいましたが力が抜けました。

帰る場所があって、絶対的な味方がいる、
という安心感を家族みんなが
実感できた出来事だったからです。




以前の回で
子供を愛せないお話しがありましたね。

私は子供が好きではなく、
欲しいとも思いませんでした。

ですが、産んでみたら面白くて可愛くて。



今思えばそれだけではなく、
子供を愛するという行為をすることで、
私が知らなかった世界を
教えてくれているように思います。




泣いていた日々から立ち上がって
胸を張って笑顔で生きている子供を
素直に尊敬しています。

後から生まれただけで、
魂では先輩なんじゃないかと思っています

先に生まれているので、養うこと、
愛することは精一杯しますが、
人として尊重します。

こんなおかしなママで幸せ〜と
言ってもらえて私も幸せ。




フローラさんから
見える世界と視えない世界のしくみを
説いて頂いたおかげですね。

ありがとうございます。



質問をして下さった方と
お子様も心穏やかに過ごせますように




本当に感謝しています。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

























自分の大切なものを大切にする。
そこに躊躇してはいけないよ。



正義は人の数だけある。
あなたにはあなたの正義がある。
相手にも相手の正義がある。



分かり合えなかったとしても
守りたいものを守る時ほど
あなたの本当を言う。
本当をする。



望んだ結果にならなくても
「大切な人を大切にした」という事実が
あなたを強くしてくれるから。



強くなる時は
同時に自分の弱さや情けなさを知るとき。
だからそんなに嘆くんじゃないよ。
弱さを知ったときにだけ
あなたは強くなれるのだから。



もっと自分を誇ろう。
愛する人を愛せる自分を誇ろう。
あなたに大切にされて
幸せだと言うその人を、
ずっと大切にするために、
これからも弱くて強い自分を誇ろう。



ね。












教えてくれてありがとう^^
伝えてくれてありがとう^^
こちらこそ
これからもよろしくねーーー!









須王フローラ


















講座や商品の情報は
オンラインショップ
palais floraison boutiqueに
掲載しています。

公式LINE内「onlineshop」からも
リンクしています。

個人カウンセリングは6月まで満席です。
現在募集はしておりません。