今は分からない。それも答えなのです。

みなさん、こんにちは。
須王フローラです。



 












誰かに何かを聞かれたとき
慌ててしまう人いませんか。



思ってもいないことを
いってしまう人、いませんか。



反対に
咄嗟に言葉が出なくて
悔しい思いをする人いませんか。













聞かれたことに
すぐ答えないといけない
何か反応しないといけない



それは思い込みですね。



我々は早く早くもっともっとと
教育を受けてきましたから
誰しもそんな気があると
思うのですが(私もね



聞かれたことには
ゆっくり答えて良いですよ。



今自分の気持ちが分からないのなら
「うーん、今は分からないから
ちょっと答えられないなぁ」と
言えば良いのです。














叱られる子ども。
何が悪いのか理解してないのに
「ごめんなさい」
「もうしません」
思っていないけど
早く答えないといけない
プレッシャーから
本当に言いたいことが出てきません。



早く答えないと怒られる。
だから「ごめんなさい」。
急かすから謝ったのに
どうせまたやると怒られる。
気持ちがこもっていないと
怒られる。
嘘をつくなと怒られる。



コミュニケーションに
なりませんね。
人間関係も築けませんね。



大人も同じです。













あなたの「今」が大切なのです。



「今」が次の「今」に繋がるのです。



適当に進まないでください。



「今」答えなくても良いのです。



今は分からない。
それも答えなのです。



「今」を大切にね。

















ごきげんよう。






須王フローラ