アドバイスを受けるということはその人に近づくということ

みなさん、こんばんは。
須王フローラです。





















およそ3年前の11月
東京都内某所で守護の存在に
はっきりと気付きました。
私の話です。



初めて霊能者と呼ばれる人に
会ったその日でした。
その霊能者と個人的な会話は
していないのですが、
講座生たちはよく分かると思いますが
そういう人と同じ時間を過ごすと
どうしても影響されるんですね。



その人の力が強ければ強いほど
一緒にいる側の視る力も増します。
何をしなくとも、です。
人の価値は存在が8割ですから。














その霊能者
イギリス人なんですが
私が今世初めて直接会話をした
霊能者です。
私は師匠もアメリカ在住ですし
やはり海外と縁がありますね。



そのイギリス人霊能者に
言われたんですよ。



自分にも霊能力がありますかと
聞いてくる人の9割は勘違い。
でもあなたは・・・
何でそんなに分かるのに
何もしないでいられるの?
「やる気のない霊能者」って
看板掲げたらいいのに!と
日本人には何が面白いんだか
分からない冗談を言われ
愛想笑いをしたわけですが



今ならわかりますよ。
この彼の言う「9割は勘違い」
当時は、へーと思いましたが
だいぶ語弊があります。



霊能者は1割。
9割は霊媒師やサイキック。
これが言いたかったのかなと。
そんなわざわざ何万円も払って
霊能者に会いにいく人が
何の感性もないとか
いやいや、それはないです。


















霊能者
霊媒師
サイキック



これら、言葉が違いますから
と言うことは
当然その中身も違います。



見えない世界と繋がって
メッセージを伝える人
これは霊媒師ですね。
あの世とこの世のパイプ。
ざっと世間を見ていても
霊媒師が一番多いと思います。
いわゆる「分かる人」



もっと言うと
「分かるだけの人」















で、霊媒師のみなさんって
結構言うことがキツいんですよ。
無遠慮。
分かることをそのまま伝えるのでね。



こんな仕事をしていると
こんな酷いこと言われました!と
被害?報告も受けるんですが
一番の理由はそこにあるのかなと。



その方に悪意はないと思います。
ただ、言うても人と人との
コミュニケーションですし
「人のサポート」という意識が
その方にあるのなら
そんなモノの言い方はしないと思うので
まぁ、意地悪言いますが
未熟なんでしょう。











フローラさんのところの
誰々さんに・・・!なんてのも
勘弁してーーーと
言いたくなる件数の
クレームがきています。
が、私に弟子はいませんから
というかそもそも
その方が本当にうちの卒業生かも
怪しい案件もありまして
正直ちょっと困ってます。



私の講座では
「人の道を邪魔しない」
「何を言うかより
何を言わないか」
「人助けの道から外れない」
「出来るに溺れない」など
かなりしつこく言います。
毎回言います。



フローラさん
全然答え教えてくれない!なんて
言う人もいるんですが
私に答えを聞きたいだけなら
講座なんて受けなくて
良いわけです。
自分で分かるようになるために
時間をかけて教えているので
私は今言うべきことしか言いません。



で、それが、
それも、
それこそが、
「修行」なんです。
感性を磨きたいみなさん、
そこのところ勘違いを
してはいけません。



これを読んでいるあなたがもし
同業者なら
きっと共感してくださるはずです。












たしかにあなたは
いろーんなことが視えていて
たくさんのアドバイスが
出来るかもしれない。
でも、そのアドバイスのうち
その人の「今」に必要なのって
1個か2個でしょう。
場合によっては何もない。



「今」を一歩
その人の本来に戻すお手伝いをするのが
見えない世界を伝える我々の
役目なんじゃないかなーと
私は思うんです。



霊能力と人間性は
全く関係ありませんから
視えてて根性腐ってるみたいな人は
もう最悪です。
今思いつく人がいたので
思い浮かべてみたら
頭ぐらんぐらんしました。
念飛ばしてしもた。笑










先日Facebookでも書いたんですけど



誰かからアドバイスを
受けたい時って
素敵だなと思う人に聞きますよね。



経営したことのない
経営コンサルタントの話なんて
聞きたくもないですし
美しくないBAさんから
メイクの説明されても
商品絶対買いませんよね。



誰かのアドバイスを受けるって
その人みたいになるってことです。
どんなに冷静な人であっても
人間である限り
主観でものを言います。
主観でアドバイスをします。



こうした方が良いよ
あなたはこんな人ですね
そこには主観が入ります。
つまり自己紹介です。
自分の内にないことを
人は話すことはできません。



にも関わらず、
なぜかみなさん
これが、こと霊能者となると
誰彼構わず話を聞きに行くんですよ。



同じですよ。
その人みたいになりたいですか。
見た目や生き様を
よく見てください。
アドバイスを聞いたら
それに近づくわけです。
極端な話に聞こえますか。
いいえ、
それくらい敏感であってください。
敏感であると言うことは
あなたを守ります。
あなたを大切にしてください。













結構ね
霊能者に大金を注ぎ込んだ方
人によっては何百万です
そんな方もいます。



全財産の半分以上を
溶かしてしまった方もいます。



もうね
わかりますか
完全に不安由来なんですよ。
ますます不安を増長させて
結果、大切なモノを失う。
もうそういうのやめましょう。



あなたは答えなんて
とっくに知ってます。
あなたの内側に答えは
ちゃんとあります。
スピや自己啓発が
好きな人には
こういう言い回しは
もう耳タコかもしれませんが
本当にそうなんですよ。
適当に言ってるわけじゃない。



自分で知って
自分で行動できるようになることが
どれだけ大切か伝わりますか。



私も定期的に
他人目線のアドバイスを
もらうようにしています。
でもそれは愛由来の行動です。
あなたが他人に、霊能者に
相談したいのは
愛由来ですか。不安由来ですか。
一度立ち止まってくださいね。



アドバイスを受けるということは
その人に近づくということ。
少なくとも
わぁこの人素敵だな
そう思うひとの話を
聞くようにしてください。
そうすれば冒頭で話したような
被害?報告も激減するのではと
思っております(祈










それではまた。
ごきげんよう。








須王フローラ

















※個人コンサルは
2020年12月まで満席です。
2021年のご予約は現在賜って
おりませんので
何卒よろしくお願いいたします。







【現在のご案内一覧】