嫌なものは嫌でいい

みなさん、こんにちは。
須王フローラです。











短いメッセージを。















そう決めて生まれてきました。

でも、嫌なものは嫌でいいのです。

本当は嫌なのに、精神性の向上のために納得させなくていいのです。

無理矢理それを課題にしなくていいのです。







私の半生は確かに私を育みました。

痛みの体験は確かに人間性が育つでしょう。

でも私は人間性など育たなくてもいいから、母には生きていて欲しかった。

愚かなままで構わないから、母には自殺して欲しくなかった。

今でもそう思っています。







育とうとしなくても人は育ちます。

理解しようとしなくていいのです。

母の気持ちは分かりません。

母も私の気持ちは分かりません。

それでいいのです。









愛由来で物事を見ましょう。

嫌なものは嫌でいいのです。

理解できないことはしなくていいのです。

今のあなたを1つも否定しないことが成長なのです。














あなたに愛を。
あなたに優しい眼差しを。




須王フローラ