誰から何を学ぶか

みなさん、こんにちは。
須王フローラです。















星の運行に影響されていおりました。笑
未来を考えることが出来ず、ちょっとでも頭を使うようなことが一切出来ない。
メールの返信も出来ない。ブログも書けない。
今後、水星逆行中は予定を入れるのをやめようかなとさえ思いました。笑






でも今朝からやっと頭が回ってきましたので行動開始です。
しかしこの、動けない時は動かなくていいという選択ができるのは本当にありがたいですね。
自分で事業をするということに対して恐れを感じている人は多いと思うのですが、全然怖くないですよ。
やり方を知る、やる、そしてやり続ける。これだけです。






万が一事業が上手くいかなくなっても、日本には170万社の法人企業がありますから、そこに就職したらいいだけですしね。事業が上手くいかない時というのは、自分自身が整っていない状況にあるということなので、まず間違いなく心も疲れています。そんな時は周りに甘えたらいいんです。助けてもらいましょう。














さて、来月4月開催のお金のセンスアップ講座ファイナル、all about business講座は満席となりました。
この2つは自分でビジネスをしたい人だけでなく、お金とは何か、お金を稼ぐとは何かということを根本から知ってもらう講座です。







「お金持ち」と「お金を持ったことがある」、これは全く違うものです。
一時的にお金を持つことは、いっときの努力や運で可能です。
その方法を教えてくれる講座や本はたくさんあります。
でもそれではお金持ちにはなれません。
なぜならその講師や著者の多くは、お金を持ったことがあるだけだからです。






ドン底から這い上がるストーリー、私も大好きです。
私は38年間、経済的にはとても豊かに生きてきましたが、それ以外の部分ではドン底を体験してきました。
ドン底から這い上がっての今です。だから、同じ人の気持ちも分かるし、誰かの這い上がるストーリーも大好きです。聞くだけで泣ける。






同じような体験をしてきた人は気持ちの共有ができます。何度でも話を聞いてくれる。癒してくれます。
それは絶対に必要な時間です。痛みは癒すことから始まります。人は癒えたい生き物です。どんな人でも必ず痛みを持っています。痛みがあることが人であるということです。痛みのない人は人ではありません。






しかし、人はそこで終わってはいけません。
自分の本来を生きることがあなたがしたいことだからです。あなたがすると決めてきたことです。
不完全燃焼を感じたまま、なんとなくこんなもんかなと生きる。それはあなたの本来ではないはずです。
あなたにそれを思い出させてくれるのは、同じドン底から這い上がった人ではないのです。
あなたにあなたを思い出させてくれるのは、ドン底を経験したことのない、幸せに満ちた状態を初めから知っている人です。あなたが今世生まれるときに忘れてしまったそれを、あなたが今世を生きる中で獲得してこなかったそれを、常識を、知識を、知恵を、センスを、初めから知っている人に教わる。それが重要です。














ドン底を経験した種、私ならば母の自殺と父からの虐待ですが、人がドン底に落ちるきっかけとなったものはほぼ間違いなくあなたが過去世から持ち越してきたものです。
魂は一度も終わることなく、はるか昔から悠久の時を経て今のあなたとなりました。そんな長い時間をかけて持ち越してきたことは、あなたにとって魂をかけた課題です。つまり、あなたの盲点。他人から見れば何度も気付くチャンスがあったと見えるのに、本人だけが気付かない盲点なのです。それを自力で気付くということはまず無理なのです。







母の自殺と父からの虐待と書きましたが、それは出来事であって、それ自体を引き継いできている訳ではありませんよ。私が過去から強く引き継いできているのは、物質的豊かさと感情表現が苦手であるということです。
私の物質的豊かさは何度生まれ変わっても変わりません。これは私にとって多くの面でプラスになるものですから、気付いてもそのまま享受するだけです。でも感情表現が苦手・下手ということ、これは私にとってマイナスのものですから気付いたら捨てていくものです。






自分が感情表現が苦手だなんて全く思っていませんでした。
自分の気持ちを無視してその場を上手く行かせること、それが当然のことだと思っていました。それがそこにいる人々の益となるならば、私が我慢するのは当たり前のこと。
泣いたり笑ったりすることは幼稚で大袈裟なことだと思っていました。騒がしいだけで何も生み出さない無駄なこと、そんなことより早く次に取り掛かりたい、そう思っていました。
そうしなければいけない、ではなく、それ以外の選択肢がなかったのです。だから、それ以外の選択肢がない環境に生まれ育ちました。







私が喜ぶ顔を見たい人がいる、私が泣いたり笑ったりすることが世界を美しくするということに気付いたのは、まだ数年前のことです。
感情表現が苦手、つまり言いたいことを何も言ってこなかった自分に気付いたのも去年のことです。そんなこと、すっかり気付いてると思ってました。でもそうではなかった。
頭では分かっているけれど実際には出来ないというのは、本当は分かってないから出来ないだけです。分かったつもりなだけ。そんな状態でした。







私にそれを気付かせてくれたのは、自由に感情を表現して、言いたいことを言って、かつ幸せに生きている人です。彼ら彼女らは、何も隠していませんでした。嘘をついていないということではありません。自分という人間の一切を隠していなかった。嬉しければ喜び、悲しければ泣く。それでも、愛し愛され、守り守られている。むしろ、だからこそ。


















お金のセンスアップ講座とall about business講座は、5月に動画として販売の予定です。
今回参加出来なかった方はどうぞそちらをご視聴ください。



生涯勉強です。学びが終わることはない。
誰に何を教わるか、大切にしてください。
全てを教えられる人なんていませんし、何も教えられない人もいません。
そして、知らない自分を人の下に置かないようにしてください。
知らないは劣っているということではありません。今から、ということです。







私もだいぶ言いたいことが言えるようになりましたが、まだまだこんなもんじゃーーーあないのよ♡
覚悟はいいかしら♡


それではみなさま、ごきげんよう♡





須王フローラ