ロシア3日目 何を知り何を愛し何に生きるか

ロシアレポを読んでみんなのロシアに対するイメージが変わってきていることでしょう♡
もちろん、私も!まさかこんなに美しい国だとは思っていませんでした。
実際に行くこと、会うこと、話すこと、そして知ることの偉大さを感じる旅ですね〜



私のブログをたまたま読んでくださった方の中には、きっといると思うんですよ。

私の言っていること、感じていること、それってこじつけじゃない?って。たまたまじゃない?って。
でもね、そうじゃないって分かる時がきっときますから。

今たまたまこれを読んでいるのも、たまたまではないって分かりますからね。
どうぞ楽しんでいってくださいね。








さぁ、今日も美しの国ロシアをお伝えしましょう。
















朝、9時。

ヨーロッパらしい空に安心する。

スカッと晴れた空の美しさも、グレーの空に感じる安心感もどちらもいい。












やっぱりスタバには行っておきたいでしょう?ということで、やって来ました。












可愛い。















今日はちょっとメイクをシノワ風にしたくて、眉毛を太くしたら…笑。

に、似合わない。。。













さて気をとりなおして、有名なチョコレート屋さん。アリョンカ。

チャーリーのウォンカはここから?












今日は地下鉄に乗って移動です。

タクシー移動にしようと思っていたら、空港から送ってくれたロシア人お姉さんに絶対に乗ったらダメと言われました。ぼったくりがひどいんだって。

モスクワ在住読者さんからも、スリに気をつけてというお話も聞いていたので、ちょっと気を引き締めてメトロへ。












美しい〜〜〜〜〜!
ロシアのメトロは、メトロツアーがあるほどの観光スポットなんですよ。

これは。。ずっと見ていられる。。。













全然パリと違う。
パリは臭い汚い暗い…














写真撮るの忘れてしまったんですけどね、一番最初に作られたというメトロの駅はまるで寺院のようでした。












いやーもう車内も綺麗。

パリのメトロみたいにあからさまなスリがいない。

公共交通機関が美しいなんて嬉しくなってしまう。















高速エスカレーター














メトロに乗って移動した先はこちら。

クールスカヤ駅にある、トルゴヴォ・ラスヴレクテリニ・ツェントル・アトリウム(難しすぎるw

ユニクロの一号店が入ってます。


ちなみにユニクロ、めちゃくちゃ高い。

高級品ですよ。ウルトラライトダウンなんて日本の二倍?三倍?のお値段。

それでもとっても大人気で店内大混雑。

日本にないデザインが可愛かったのだけど、子どものマリメッコ柄ダウンとか、でも買う気になれなかった〜





これ、ショッピングセンターの壁全体に世界の有名なアーティストたちを招いて絵を描いたそうで、なかなかの迫力。

現代アートの街なんだね〜ここは。この後に行った場所も、アーティストの卵たちがギャラリーに作品を展示したり製作したりしていましたよ。











まずこちらはアメリカ人アーティスト。この方の作品はMoMAにも展示されているとか。

「戦い続ける」














「人生は全てゲームだ」














9.11の犠牲者への追悼の意味も。

戦争を終えて平和の帰路につく様子。













突然ですが、こちらが今回のガイドをしてくれたダイヤさん。

英語オンリーだけど、巻き舌じゃないのでとっても聞き取れる。

こちらの言うことも通じるようで(どこまで自信がないんだw)聞き返すことも聞き返されることもなく、こんなスムーズに外国人とコミュニケーションが取れたことは初めて!

何が言いたいかって言うと、嬉しいー!楽しいー!ってこと♪

英語になった途端人見知り状態だった自分が嘘のようでした。話せるって楽しいなぁ。












はい、こちらはキリル文字。

「君はとうに忘れてしまったものを思い出させてくれた」













これはちょっとアジアっぽいでしょう?と。

着物みたいじゃない?には「NO!」ときっぱりお伝えしましたので安心してください。



























この通路に描かれた絵は、唯一ロシア人が描いたもの。

「愛と希望を創造せよ」















スペイン人が描いたもの。

「新しいものと古いものの融合」















スペイン。

何が伝えたいメッセージなのかは不明。
































暖冬と言ってもずっと外にいては凍えてしまうので、ところどころカフェに入って休憩しながらの散策。













なんて可愛らしい〜












そんな砂糖ばかりだめですよ(私が














ロシア独特のコーヒーだとか。

美味しかったですよー。甘くてクリーミー。

日本ではブラックしか飲まないけど、海外に来ると甘いコーヒーが飲みたくなるのよね。

パリでも毎朝甘いコーヒー飲んでたなー。カフェノワゼットがお気に入り。

ノワゼットってヘーゼルナッツのこと。ナッツが入っている訳ではなくて、そんな色をしているから。

カフェクレームだとミルクが多すぎるので、ノワゼットをよく飲んでました。ノワゼットはエスプレッソに少しミルクを混ぜたもので、コーヒーの味を楽しみたい方にいいですよ。


ってロシアでパリを語る。ふふ。


可愛いなーもー











若いアーティストのギャラリーだったりアトリエだったり、あとはワイナリー、レストランなどが入った複合施設。














ここは月替わりでメッセージが変わるんだとか。

「目に見えるものを信じるな」


目に見えているものって「今」じゃないのよね。

今私たちの目の前にあるのは「過去」。結果を見ているだけ。

目の前の現実を見て嘆くのは、過去に生きているということ。「今」に生きよう。





























アプリで観ると動くの。
















娘、VR体験。いいね〜嬉しいね〜














この絵が好き。














表情を読み取って反応するんだって。


しかし娘のほっぺたよ…。笑

私、自分の頬がコンプレックスでねー。

でも娘にはそれをコンプレックスに思って欲しくなくて、ほっぺたがぷんぷんなのは可愛いんだよ、まん丸ほっぺは可愛い子ってことだよって言い続けてきまして、はい、洗脳成功です。

自分のまん丸ほっぺが大好きらしい。良かった。














そしてこちら。

スピリチュアルアーティスト。















この馬を見た瞬間ズッキュン。馬なんだよやっぱ。

あ、だめだ、どうしよう。















私ね、このホームページもトップ画像に自分の写真使わなかったでしょう。

なんでかっていうと、私の表現したい世界って写真じゃ難しいからなのよ。

私の生きてる世界ってイラストの方が断然伝わる。













もちろん写真も大好き。撮るのも撮られるのも好き。

でも絵に魂が震える。

どの国行っても絶対に美術品が見たい。

どの国に行っても絶対絵は買う。













ホームページのデザイン。

人生で初めて絵にお金を出した。すごくすごく納得したお金の使い方だった。

そして今また別の方に絵を依頼しているの。












どこかで遠慮してたのね。

絵は自分と距離があるものだと思っていた。遠くから見るものって。

でもホームページをデザインしてもらったことで、絵を買うという経験が手に入った。

そしたら買えるようになった。依頼までできるようになった。

大好きだった絵がグッと私の近くにきてくれた。



絵もそう。写真もそう。バッグだってそう。アクセサリーも。

どんなハイブランドより、有名作家より、自分が知っている人、お友達、私が好きだと思う人の作品が欲しい。

ハイブランドも大好きだし、有名作家の作品を見て感動もするけれど、自分が身に着けるものは全部自分のエネルギーになるのだから、自分が好きだな、この人と親しくしたいなという人の手で作られたものがいい。そんな人のエネルギーの方が、私の力になってくれるのは間違いないから。







そして。

私、この方の絵を見てとうとう決めた。

これまでも何度か思ったことはあったの。でもやらなかった。



私も自分でも絵を描いてみようと思います。


実はね、何度も先輩霊能者に言われていたんですよ。

今世も描かないとって。描いたらみんなまた喜ぶよって。


一緒に講演会をするりゅーちゃんにも言われてきてるのね。

フローラは見えない世界を何か芸術で表現するんだよって。

それは花?って聞いてもそうじゃないっぽい返事をいつもするから笑、何かな〜と思っていたけれど、絵の可能性もあるよね。花と絵と両方の可能性だってあるし、去年からボイトレも始めてるから歌だってあるかもしれない。


何がどこにたどり着くかわからないけれど、私の好きなことってどれも芸術。

書くこともそうだよね。


こいうやって好きなことをどんどん始められるのは私の強みであって、人生がうまく流れるようになったきっかけでもあるなぁ。何もかもがうまくいかなくて人生が停滞していた時は、何をするのも遅い、決断も遅い、やりたいと思ってもなかったことにしてしまう。そんな感じだったなぁ。












これがこのスピリチュアルアーティストの名前。

ネットで検索してもよくわからない。

もし知っている方がいたら教えてください。会いたい!














この後はワイナリーへ。
















アルコールは飲めない体質なのだけど、少しだけ味見。















ガイドさんと日露話で盛り上がる。













来るまではロシアのこと怖い国だと思っていたでしょう?言いわよ正直に言って。と言われたので、正直に怖いと思っていたと。

でも実際に来てみたら、美しくて清潔で安全だった。大好きになった。と話したら、そうでしょう!?って。





親しくしてる弁護士の友人と、おそロシアはアメリカのプロパガンダかもねと。

本当にそうかもしれない。私たちが知った気になっている情報なんて、本当は無いものかもしれない。

や、きっとその多くがそうなんだろうな。

これだけロシアのイメージが変わったことで強く思う。


見えない世界を視ていたって見える方に惑わされるのよ。

それは人間を生きているからでもあるし、周りからはみ出さないようにという私の癖でもある。



でも今回の旅では、自分が本当に人生を、つまり命をかけてやりたいことは何なのかを考えさせられた。

さらに、実際自分で行動して体験して視えたこと感じことだけを信じるんだよという確認をさせられた。





ロシア、来て良かった。















なんでロシアなんだろう?って分からなかったけれど、来たらたくさん分かった。















133年ぶりの暖冬もありがとう。

タイミング、合わせてくれてありがとう。

















やっと降った雪に大喜び。



























ロシア独特のお茶を飲む。これもまた美味しい。















積もると溶けない。寒いものね。















トラムが走る街。






































顔がロシアっぽくなってきたと言われる。

そうなの、私すぐその土地のエネルギーう受けて顔が変わるの。

初めて気付いたのは3年半前に出雲に行った時。顔が急に男になった。出雲を出たら元に戻った。

誰でもそうよ。例えば田舎から都会に引っ越したら人って人相変わるでしょう。そういうこと。








ロシア人って他の欧米人に比べると優しいというか丁寧。

もちろん日本人に比べたら自己主張は強いのだけど、どこに行っても強引な感じがない。

話もちゃんと聞いてくれるし、まくし立てられることもない。

店員さんも接客が丁寧だし、真面目に働いている。おしゃべりに夢中でこっちを見ないなんてこともない。サービスし忘れも、ズルもない。






美しい国は優しい。

改めてアカデミーで伝え実践していく「富・優・美」、これは間違っていないと確信したよ。














で、プーチンはおそロシいのでしょうかね?








ロシア3日目、おしまい♡



読んでくれてありがとう♡







須王フローラ












こちら、残席3名です。

お金の本当の話をしますね。パンチありますよ。





残席わずかです。検討中の方はお早めに。